SUBPROJECT
共同研究者たちの個別の取組をご紹介します。

共同研究者

動物媒介性感染症対策戦略とその実施における国際比較とネットワーク形成

琉球大学
保健学科 国際地域保健学

小林 潤

研究の概要

沖縄の現状のリソースを強化し、国内外のネットワーク強化による動物媒介性感染症対策アプローチの提言をしていきます。イノベーション・エコシステムを確立し研究共同体で得られた科学的知見を産官学連携において応用していきます。バイオ技術の商品化だけでなく、地域の連携等の社会技術の応用も考えています。

研究対象(媒介動物)

当研究班では対策戦略の策定を主な武器とします。特定の媒介動物に限定した研究をするわけではなく、蚊、ダニ、ネズミ等の媒介動物別のアプローチを研究共同体・研究協力者のネットワークのなかで作っていきます。

研究対象(病原生物)

Neglected Tropical Diseases (顧みられない熱帯病)を中心に、通常あまり注目が浴びない疾患を対象にしています。これらの病気は、熱帯地域の貧困層に蔓延していますが、2015年に東京で小規模のアウトブレイクがおきたデング熱のように日本においても地球温暖化等の影響で無視できない物となってきています。

キーワード

感染症対策、社会技術、
イノベーション

コメント

1998年、橋本首相(当時)がG8サミットにて、世界の寄生虫対策に取り組む必要性を宣言しました。これは「橋本イニチアティブ」といわれ、2000年に沖縄サミットで宣言された「沖縄感染症イニシアチブ」のもとになりました。寄生虫症等の熱帯地域の貧困層に蔓延しており今まで注目されてこなかった疾患を“顧みられない熱帯病(NTD)”としてまとめこれに特化した対策部門をWHO内に立ち上がりました。WHOはNTDのなかでも特に多くの地域で健康被害を起こしている17疾患を指定して対策を進めています。しかしこれらの疾患だけが問題なわけではなく、さらに注目されない感染症は多々あり地域ごとの対策が必要ですが、例えば沖縄ではレプトスピラ症の集団発生が報告されており対策を進めければなりません。また温暖化の影響で、デング熱やジカ熱が沖縄で蔓延する危機も高まっています。研究班では病気が蔓延している東南アジアとの協力によって相互利益のある研究結果を狙っています。また東南アジアで大きな問題である人畜共通感染症は沖縄では動物に感染していても人には被害が少ないと想定されるものもあり、これらの状況を分析しています。また疾患の感染がみられる沖縄だからこそ対策に直結する診断キットなどの適正技術開発ができるといえます。これらの知見を応用し、民間を含めた沖縄のリソースをフルに活用して沖縄モデルとして確立できることを狙っています。

研究成果

Asakura T, Mallee H, Tomokawa S, Moji K, Kobayashi J
The ecosystem approach to health is a promising strategy in international development: lessons from Japan and Laos
Globalization and Health 2015 doi:10.1186/s12992-015-0093-0
http://www.globalizationandhealth.com/content/11/1/3/abstract

Takahashi K, Kobayashi J, Nomura BM, Kakimoto K, Nakamura Y
Can Japan Contribute to the Post Millennium Development Goals? Making Human Security Mainstream through the TICAD Process
Trop Med Health. 41(3): 135–142. 2013
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tmh/advpub/0/advpub_2013-14/_pdf

熱帯医学マラリア研究

国立研究開発法人
国立国際医療研究センター研究所

狩野繁之

研究の概要

 グローバルな人びとの移動が活発化し、日本国内の流行制圧に成功したマラリアやデング熱などの蚊媒介性疾患が、海外から持ち込まれて伝播することが強く危惧されています。私たちは、国立国際医療研究センター(NCGM)研究所/国際医療協力局が培ってきた国際研究ネットワークの強化を図りながら,琉球大学の拠点形成促進を共に行うことで,蚊媒介性疾患の感染制御の研究開発を行います。

研究対象

 対象疾患はマラリアおよびデング熱です。マラリアは、人に感染する重要な2種類、熱帯熱マラリアと三日熱マラリアを研究対象とします。国内に残存するハマダラカの内、熱帯熱マラリア原虫を媒介するコガタハマダラカ、三日熱マラリア原虫を媒介するシナハマダラカが重要なベクターです。一方、デングウイルスを日本国内で媒介するのは、ヒトスジシマカです。ヒトスジシマカはその他に、チクングニア熱、ジカ熱の病原ウイルスも媒介し得るので、さらに注意が必要です。

キーワード

マラリア、デング熱、ハマダラカ、シマカ

 

共同研究者

仲佐 保(NCGM国際医療協力局運営企画部長)
蜂矢正彦(NCGM国際医療協力局国際情報専門職)

コメント

 2014年の夏、東京の代々木公園で162人にデング熱の国内感染があったことは記憶に新しいことと思います。2015年は、幸い流行が認められませんでしたが、海外で感染して日本国内で発症した「輸入デング熱」の患者数は292人と過去最大数を記録しました。デング熱の流行の波がわが国に押し寄せていることは間違いがありません。この輸入デング熱患者から、国内に棲息するヒトスジシマカによってウイルスが媒介され、流行が定着さらには拡散する恐れがあります。そうさせないための官民(厚労省・アカデミア)が一体となった対策研究(日本感染症学会・感染症危機管理委員会の活動「蚊媒介感染症診療に関するワーキング」)に積極的に関与していきます。(緊急的にジカ熱の対策も含め、マラリアに関しては専門家への実習もNCGM研究所で実施する予定です)

げっ歯類やマダニ類などの疫学調査

北海道大学大学院獣医学研究科

苅和宏明

研究の概要

 近年、世界の様々な国や地域で人と動物に共通して感染する人獣共通感染症が多発しています。現代社会は物流や人の流れが年々活発化していることから、近隣国をはじめ外国で発生した重篤な感染症がわが国に侵入する危険性が年々増大していると考えられます。本研究ではネズミ類やダニ類によって感染が伝達される重篤な人獣共通感染症について、簡便な診断法を開発して野外調査や沖縄県での検査に応用することを目指します。

研究対象

 自然界のネズミ類やダニ類によって媒介される多くの人獣共通感染症のうち、ダニ媒介性脳炎、腎症候性出血熱、およびツツガムシ病は人がかかると重い病気になります。これらの感染症の予防のためには、病原体の分布域や、病原体を媒介する動物種などの疫学情報を得ることがとても重要です。ダニ媒介性脳炎は北海道だけでなく、日本のその他の地域にも病原ウイルスが分布していることが分かっています。腎症候性出血熱の病原ウイルスは、日本ではドブネズミやエゾヤチネズミが保有することが知られています。沖縄県の宮古地域では、しばしばツツガムシ病が発生します。これらの感染症の病原体について沖縄県での存続の仕方を研究します。

キーワード

人獣共通感染症、げっ歯類、
ダニ類





 

共同研究者

苅和宏明(北海道大学):げっ歯類やマダニ類などの疫学調査
好井健太朗(北海道大学):血清診断法の開発とげっ歯類からの抗体検出
小林進太郎(北海道大学):ウイルス性人獣共通感染症の病原体検索
喜屋武向子(沖縄県衛生環境研究所):ツツガムシ類の捕集とツツガムシ病の病原体の検索

コメント

 ダニ媒介性脳炎および腎症候性出血熱については、いまだ沖縄県では野生動物における疫学調査が行われていないため、まずは、これらの感染症の病原体であるダニ媒介性脳炎ウイルスとハンタウイルスが存在するかどうかについてネズミ類の抗体を調べます。陽性例が検出された場合には、さらにダニ類やげっ歯類の検査を行って病原体の検出や分離を試みる予定です。ツツガムシ病についてはげっ歯類に寄生しているツツガムシ(ダニ類の仲間)を捕集し、ツツガムシ病の病原体 (Ot)を検出して遺伝子の解析を行います。沖縄県の患者由来Otと同じOtを保有するツツガムシ種が分かれば、沖縄県におけるツツガムシ病の媒介ツツガムシ種が特定されます。本研究により、ネズミ類やダニ類によって媒介される危険度の人獣共通感染症の病原体が沖縄県でどのように存続しているのかが分かります。

研究成果

小山芽以、吉松組子、好井健太朗、有川二郎、苅和宏明. イムノクロマトグラフィー法によるハンタウイルスの迅速診断法の開発(口頭発表). 第158回日本獣医学会(十和田市). 2015年9月8日.

Kanameda D, Sanada T, Sakai M, Maki M, Yoshimatsu K, Arikawa J, Kobayashi S, Yoshii K, Kariwa H. Isolation of Puumala virus using MRK 101 cell line which derived from the kidney of the grey red-backed vole (Myodes rufocanus bedfordiae)(ポスター発表). 第63回日本ウイルス学会. 2015年11月22日.

蚊媒介性病原体の研究

琉球大学院医学研究科 ウイルス学

斉藤 美加

酪農学園大学獣医学群獣医放射線学

遠藤 大二

研究の概要

 ここ数年、デングの60年ぶりの国内感染による流行や、症状が異なるジカ熱の問題が大きくクローズアップされています。これら蚊媒介性感染症の多くはもはや遠くの国の出来事ではなく、沖縄への病原体侵入と流行に対して警戒しなければなりません。
 我々は、その対策の基礎となる疫学的知見を沖縄県や県内企業との連携により集積し、持続可能な適正技術の新規開発により、未知や既知の蚊媒介性感染症を早期に警戒できるシステムをつくり、沖縄の人々の安心、安全な暮らしを守りたいと考えています。

研究対象

 全感染症の17%が動物媒介感染症と試算されており、そのなかでも蚊は「最も人を殺す動物」と言われています。蚊の体内のウイルスのほとんどは進化の早いRNAウイルスであるため、新たな性質を獲得しやすく、蚊は新興感染症や未知の病原体の宝庫であることがその理由の一つです。
 亜熱帯地域に属する沖縄の蚊の活動時期は長く、種類も豊富です。県民は長い間蚊媒介性感染症に苦しみ、それらと闘い、制圧して来た誇らしい歴史を持っております。そして、ヒトのマラリア、フィラリアは根絶されました。今、沖縄で確認されている日本脳炎も1974年以降、2例の患者発生が報告されるのみです。
 しかし、近年、沖縄の日本脳炎ウイルスの進化速度が上昇し、また新しい系統の日本脳炎ウイルスの出現が確認されました。時期を同じくして、豚の日本脳炎(異常産)が散発しています。また、韓国には、現行ワクチンが効きにくく、異なる蚊で媒介可能な、沖縄で経験していない遺伝子型の日本脳炎ウイルスが出現しています。
 我々は日本脳炎ウイルス、デングウイルス、ジカウイルス、チクングニアウイルスなど、今後新たに、また再び沖縄に出現する感染症、土着している感染症の未知や既知の蚊媒介性病原体を研究対象としています。

キーワード

新興再興感染症、網羅的探索、12次元空間解析プライマー、ハザードマップ、リスク評価、イマージングクライシス、適正技術

共同研究者

金子正美 酪農学園大学環境共生学類、
沖縄県衛生環境研究所、沖縄県家畜改良センター、
沖縄県北部家畜保健衛生所、株)南西環境研究所

コメント

 近年、グローバリゼーションによる頻繁な人やものの移動により、感染症は短期間で地球の裏側まで拡大可能になりました。今年はブラジルでのオリンピック開催、また沖縄県ではウチナンチュ大会開催があり、ジカ熱流行地である南米から多くの人が沖縄県に入域する事が予想されます。多くは症状がないか軽度のため、ウイルス侵入を水際で防ぐ事は非常に困難です。また、一昨年国内感染による流行がみられたデングもジカ熱と同じヒトスジシマカが媒介し、沖縄では通年生息が可能なため、特に注意が必要です。
 人は想定外や何が来るかわからないものに対して、恐怖を抱きます。予めわかっていると、鬼や幽霊でも対処のしようがあります(?)。
 我々の班では、①適正技術(地域に適合した適切な費用・技術で持続可能な技術を国際協力では適正技術といいます)を用いた蚊媒介性微生物探索による未知及び既知の病原体の検出と、②県と県内企業との連携による試料データ管理システム開発によるデータベースの活用と③GIS解析によるハザードマップ作成により、エマージングクライシスに対応しうる早期警戒システムの構築に寄与したいと考えています。

研究成果

学術論文
Saito M, Tamayose M, Miyagi K, Takaragawa H, Tateyama M, Tadano M, Fujita J.Serologic and Virologic Studies of an Imported Dengue Case Occurring in 2014 in Okinawa, Japan.Jpn J Infect Dis. 2016 Jan 21;69(1):60-5. doi: 10.7883/yoken.

学会発表
Mika Saito, Tetsu Kinoshita, Shunta Takeuchi, Daiji Endoh, Masayuki Tadano, Change of Japanese encephalitis viruses in Okinawa Island-Recently new cluster emerged. 第63回日本ウイルス学会、福岡

遠藤 大二、伊藤 聡、清水 佑基、斉藤 美加、村松 康和、内田 玲麻、 林 正信 GenBankダウンロードファイルから設計可能なウイルス・細菌網羅的検出用遺伝子縮重プライマー設計プログラムの開発 第158回日本獣医学会学術集会、弘前

沖縄で多発する細菌感染症レプトスピラ症:げっ歯類持続感染機構の解明

琉球大学
大学院医学研究科 細菌学講座

トーマ・クラウディア

研究の概要

レプトスピラ症は、病原細菌レプトスピラという細菌の感染によって引き起こされる人畜共通感染症です。沖縄県での患者発生は他県に比べて多く、河川でのレジャー等により集団発生が起きており、本県の生命線である観光産業へ大きく影響するものとして懸念されています。本研究では、レプトスピラがどのように保菌動物の腎臓で長期間生き残れるかを解明することを目的にしており、レプトスピラ症に対する対策の手がかりとなる基礎的知見の確立を目指します。

研究対象

病原性レプトスピラは、ネズミやマングースなど、げっ歯類を中心として多くの保菌動物から尿中に排出されます。ヒトは、保菌動物の尿、または尿で汚染された水や土壌に接触することにより感染します。感染から3〜14日間の潜伏期のあと突然の頭痛、発熱、筋肉通、眼結膜の充血等の症状が現れます。重症になると黄疸、腎障害等の症状が現れ、治療しないと致死的な経過をとることもあります。レプトスピラ症は抗菌薬が有効とされていますので、早期に診断し治療することが重要です。しかしながら、低コストで早期に診断ができる方法が未だ開発されておらず、我々の研究成果が迅速診断法の開発につながると期待できます。

キーワード

レプトスピラ、ネズミ、川遊び、尿

 

共同研究者

琉球大学:山口孝治、比嘉直美(レプトスピラ感染実験)、高江洲義一(マウス防御機構解析)、仲宗根昇(診断キット開発)
東京医科歯科大学:鈴木敏彦(分子学的解析)

マウスの尿細管上皮細胞に感染する
レプトスピラの免疫染色。
赤:レプトスピラ 青:上皮細胞の核

コメント

我が国で唯一の亜熱帯地域に位置する沖縄は、日本本土と比較して多くの感染症が高率にみられる地域であります。細菌学講座では、8年前に、地域特性に根ざした研究として、発症機構が未解明のレプトスピラ症の研究を開始しました。
 現在、レプトスピラの研究が多方面に発展しており、海外の研究室との共同研究も開始しました。また、「沖縄県綜合科学研究所」との共同研究により、2015年に全ゲノム解読にも成功しました。
 本プロジェクトにおいては、レプトスピラの持続感染という根本的な疑問を解明し、沖縄県環境衛生研究所・民間環境関連研究所とネットワークを形成し、対策および研究強化モデルの構築を目指しています。

研究成果

「病原細菌の感染と宿主応答の分子論—細菌感染によるインフラマゾーム活性化機構およびレプトスピラの持続感染機構」
鈴木敏彦、トーマ・クラウディア、高江洲義一、比嘉直美、仲宗根昇
化学療法の領域、2016年2月号(Vol. 32No.2): 109~114.

「病原性レプトスピラの持続感染機構」
トーマ・クラウディア、山口孝治、比嘉直美、松本亜里奈、水山克、高江洲義一、仲宗根昇、鈴木敏彦
第53 回レプトスピラ・シンポジウム
平成28年3月22日、大阪

人獣共通寄生虫症の研究

新潟大学
大学院保健学研究科 検査技術科学専攻

サトウ 恵

研究の概要

“人獣共通感染症”を起こす病原体は動物にもヒトにも感染します。私たちの近くにいる動物達の感染症を知っておくことは、ヒトに感染症が起こらないようにするための重要な情報となります。かつて日本には寄生虫が蔓延していましたが、その多くは撲滅されました。そういった過去の経験や本研究で得られる科学的知見をもとに、まだ寄生虫感染症が見られる国で感染症対策に役立つ情報を得ることを目的としています。

研究対象(媒介動物)

本研究では毛様線虫というヤギの中の人獣共通寄生虫に着目しています。この寄生虫は世界中のヤギに普遍的に存在しているといわれ、感染はヤギの糞便で汚染された野菜などを食べることによっておこります(ヤギの肉を食べても感染しません)。ヤギは厳しい自然条件下においても飼育し得る優れた環境適応性を持っており、世界の多くの国で飼育されています。トイレや上下水道などの衛生整備が整っていない国では、毛様線虫のヒト感染が見られる場所もあります。この寄生虫が感染してもほとんどの場合無症状ですが、多数寄生の場合には腹痛や下痢などをおこします。駆虫薬で治療が可能です。

キーワード

人獣共通寄生虫症、感染症対策、毛様線虫




 

共同研究者

沖縄県保健医療部・中央食肉衛生検査所
獨協医科大学医学部・熱帯病寄生虫病学講座:Marcello Otake Sato(獣医・寄生虫)
Mahidol University, Faculty of Tropical Medicine: Jitra Waikagul(寄生虫)
Savannakhet Provincial Malaria Station: Tiengkham Pongvongsa(ラオスフィールド調査)

コメント

いつも調査を行う際には、調査地に還元できるものを得たいと思いながら活動しています。本研究においても沖縄に還元できる、そして沖縄から世界へ発信できるものを模索しながらプロジェクトに貢献できればと思っています。仕事でもプライベートでも人とのつながりは大事だと思っていますので、日本国内のみでなく海外とのネットワーク形成も積極的に行いたいと思っています。

感染症研究を基盤とするイノベーション・エコシステムが実現するための諸条件や関連技術の研究

琉球大学
観光産業科学部 産業経営学科

大角 玉樹

研究の概要

西普天間跡地に予定されている国際医療拠点において、感染症研究を基盤とするイノベーション・エコシステム(シリコンバレーのように、イノベーションを次々と生み出すクラスター)が実現するための諸条件や関連技術の調査研究を行っています。また、技術マネジメントの先端理論や内外の先進事例を検証しつつ、感染症の基礎研究が少しでも早く政策課題の解決や事業・産業創造につながるように、産学官のネットワーク形成も推進しています。

研究対象(媒介動物)

感染症や先端医療に関連する科学技術とイノベーション、事業シーズ、クラスター及び政策課題が研究対象です。今回の研究グループメンバーの基礎研究をイノベーション創出の観点から総合的に分析し、応用研究、実用化へのプロセスを加速していく役割を担っています。

キーワード

イノベーション、クラスター、国際医療拠点

共同研究者

現在調整中

コメント

感染症の基礎研究の先生方の中に唯一異分野のマネジメント系研究者として参画することとなりました。長年、産学官連携に関わり、内外に数多くのネットワークも有しているので、これまでの知見と経験を活かして、国際医療拠点が少しでも早くイノベーション創出機能をもつための理論的根拠を明らかにし、施策提言につなげたいと思います。異分野の交流からイノベーションが生まれると言われているので、私自身、それを実現させていきたいと思います。