「沖縄県における蚊媒介性感染症に関する学校教員の知識・態度・行動(KAP)調査」へのご協力依頼

「沖縄県における蚊媒介性感染症に関する学校教員の知識・態度・行動(KAP)調査」へのご協力依頼

アンケート調査へのご協力のお願い
 
タイトル 
蚊媒介性感染症に関する知識・態度・行動(KAP)に関する研究
 
研究の背景
琉球大学では沖縄県委託事業である沖縄感染症研究拠点形成促進事業「動物媒介性感染症対策の沖縄での施策提言とネットワーク形成に関する研究」(2015年度~2017年度)を受託し、その中で国際共同研究「沖縄県及びフィリピン国における蚊媒介性感染症に関する学校教員の知識・態度・行動(KAP)調査」を開始しました。
 
研究の目的と手法
この研究の目的は、日本及びフィリピンで、デング熱、ジカウイルス感染症など蚊が媒介する感染症の蔓延を抑制する公衆衛生対策のデザイン・評価するために、蚊媒介性感染症に関するKAP 調査(※)を行い、施策提言に資することを目的としています。
この研究では、個人への質問紙への回答(1020分程度)をお願いしています。
 
(※)KAP調査とは、公衆衛生状況を改善する要因を検討するための量的調査法の一つで、質問票を通じて知識、態度、行動を分析します。本質問紙は、世界保健機構(WHO)が作成した「ジカウイルス感染症に関するKAP調査」(Knowledge, Attitudes and Practice surveys Zika virus disease and potential complication)に基づき作成されています。
 
どのような人にご協力いただいているか
沖縄県内の中学校およびフィリピン国の中学校・高校の教職員を対象として研究を行っています。なお、学校の抽出には、沖縄県教育庁および地域教育事務所と相談させていただきました。
調査対象:沖縄県6地域教育事務所 18校 (教諭 約500名)
 
担当実施機関
沖縄県内の調査実施は、琉球大学医学部保健学科国際地域保健学教室が担当します。
皆様にご協力いただき収集したデータは、調査チームで解析し、データに基づき健康改善につながる介入活動(周知活動やコミュニケーション活動等)を立案し、蚊媒介性感染症の蔓延抑制効果を検証する予定です。
 
研究の倫理審査について
この研究は、個人情報は含まれないように配慮しており、琉球大学疫学研究倫理審査委員会(承認番号:383)で承認を受けています。
本研究の結果および成果については、個人情報の保護に十分に留意しつつ、国内外の学術集会や論文などで発表・公表の予定であり、蚊媒介性感染症に関する対策に資することが期待できます。
個人情報保護について:調査内容につきましては学術的な目的のみに使用させていただきます。
本研究の目的を十分にご理解・納得いただける場合、質問票にご回答いただきますようよろしくお願いいたします。
 
〇連絡・照会:
本研究に関するご質問等がありましたら、下記の連絡先までお問い合わせください。
ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することができますので、お申し出ください。
 
研究代表者: 琉球大学医学部保健学科国際地域保健学 教授   小林潤
研究実施者: 琉球大学医学部保健学科国際地域保健学 特命助教 児玉光也
 
〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町上原207
TEL・FAX: 098-895-1286
E-mail: kodama[at]med.u-ryukyu.ac.jp