リアルタイム環境データ取得装置(ロガー)の設置

リアルタイム環境データ取得装置(ロガー)の設置

蚊の発生は環境因子に大きく左右されます。
より信頼性の高いリスク評価に向けた詳細なデータ解析のため、
蚊のサンプリング地点での環境データを集めるロガーを設置し、試験運用をはじめました。
来年の蚊の発生時期には、このシステムが活躍してくれる事でしょう。


リアルタイムに、気温、湿度、光度を測定し、データをWiFiを使用し、大学の端末で確認する事が出来ます。

沖縄観光コンベンションビューローとNTT-BPとの共同研究で 琉球大学 医学部体育館にWiFiスポットを設置しました。